2018年12月 com/article/DGKKZO3

2018年12月 com/article/DGKKZO3。昔の原発は耐用20年~30年を想定して作られた。原発年ぐらい使えるのなのか
https://www nikkei com/article/DGKKZO38618780W8A201C1TJN000/ 東海第2原発。日本原子力発電の東海第原子力発電所茨城県東海村が月日。運転開始
から年を迎えた。年の東京電力福島第原発事故後。原発の運転期間は
原則年と定められたが。回に限り最大年間延長できる。2018年12月。//-//// 2東京//
/// 典型的な「

昔の原発は耐用20年~30年を想定して作られた。しかも放射線による劣化の知識も不十分な時代にだ。なので設備の多くの資材機構が通常の20~30年耐用をメドに作られている。建設費用の減価償却も立地自治体への電源三法交付金も20年に合わせられた。耐用年数は商法上の減価償却期間に過ぎないから物理的な耐用を規定するものではないと、福島事故後に原発屋が声高に叫んだが、さかさま話のイカサマなのである。古い原発では故障不具合が頻発し、大規模な隠蔽工作も行われ続けてきた。原発屋はそれでも肝心な部分、炉や壁や重要配管などは余裕度を何倍にもして作ったと胸を張るが、それらでも配管破断や炉心損傷など重大な故障が多数発覚してきた。なので日本の原発は30年ですでに老朽原発であり、使った結果無事だったなら胸をなでおろしてそこでお役ごめんにするべきものだし、30年耐用は暗黙の前提だったのだ。ところが福島事故以前、今の珍三が第一次政権を作った2006年から話がおかしくなる。珍三が「フクイチ絶対安全国会答弁」をして指摘された問題の対策を何もしなかったのは超有名だが、旧安全委、安全保安院の安全基準が改悪され、活断層上の立地でも調査で可否を決定するように緩められたし、耐震基準も厳しい数値が撤廃されて起きてはならぬギリギリの上限を基準値と読み替えられた。そして原発耐用もそれまでの30年からいつのまにやら40年に引き延ばされていた。民主党政権によって福島事故後の新基準で40年耐用が明文化されたのは、それを追認したものだ。30年に止めなければならない明確な理由を外部から示すことはできなかったし、40年にするかわり、それを法的絶対基準にする意図だった。なぜなら通常の機器設備と危険性の性質がまったく異なり、かつ古い設備が混在しているし、また未だ知識不足の研究途上の部分が多いからであり、なし崩しの運転延長による危険発生に歯止めをかける必要があったのだ。しかし民主党内部の自民党と通じる日本会議勢力と電力議員勢力によって抜け道が作られてしまい、「例外的な60年延長規定」が自民党との間の「政局交渉」によって捻じ込まれた。新規制委ははじめ、世間の注目を意識して「例外的」を強調しながら、のどもと過ぎれば正体を現し、今や「一回限りの60年延長が原則可能」と読み替えられてしまっている。原則から外れるほど老朽化が著しくて高価にならない限り、ということだ。規制委はいけしゃしゃあと、「60年が通常」のニュアンスを振りまいている。いつまで使えるか? 使ってみなけりゃわからない。事故が起こったとき使えなかったと始めてわかることにする。それが「珍三玉砕特攻政策」だ。フクイチでもそうやって対策せずに事故が起き、対策が必要だったとわかったことにする、という非科学に終始した。今も新規制基準の下、フクイチの教訓と称して防潮堤や非常用電源車くらいの対策しか行われていない。防潮堤は40~50メートルではなく、過去の乏しい活断層活動の調査から過小評価モデルを使って出した津波高さに基づく。耐震対策は形だけでほぼ何も無い現状追認だ。災禍堂対策総費用は申請26基に対しおよそ5兆円。1基あたり約2000億円は建設時の建設費用合わせても3000~4000億円にしかならない。三菱重工は1基5000億円でトルコに原発を作ろうとしたが、トルコは欧州規制基準を厳しく突きつけ、1兆円を超えるようになってトルコが渋り、断念せざるを得なくなっている。トルコのみならず、欧州で建設中、計画中の原発はすべて1基1兆円を超え、暗礁に乗り上げてる。イギリスでも日立は厳しい基準を突きつけられて1基1兆円を超え、イギリス自体が支払い計画に支障をきたし国内問題となっている。その他の日本からの輸出計画はすべて相手国が断り、頓挫した。日本の新規制基準は世界最低最悪のザルなソンタク基準なのだ。

  • 学歴不問はウソ 大卒でも二流だったら中卒と同じ扱いになる
  • 3/1&39;18 正直ここまで差があると何日何時間練習
  • OneDrive 画像んもようにOneDriveがネット
  • 英検2級はどのレベル なのですが目安としてどれくらいとっ
  • 睡眠負債を貯めるな 感覚を狂わせないようにするにはどうし
  • タグ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です