ブッダと法然 ブッダ法然の教えや思想の違うころ

ブッダと法然 ブッダ法然の教えや思想の違うころ。鈴木大拙が言ってます「悟った人は洋の東西を問わず何千人もいる、仏教でなければ悟れない、禅でなければ悟れないなんていうことは全くない」。ブッダ法然の教えや思想の違うころ 法然ってどんな人。南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば救われるという「専修念仏」の教えを説き。
日本の仏教の宗派のひとつ。浄土宗を開きました。しかし。そのこの記事では
その教えや。影響力。苦悩と波乱に満ちた生涯について紹介しています。 目次 [
非表示]また。釈迦の入滅後。時代とともに仏の教えが衰え。乱世になるという
「末法思想」も。当時の人々の間で広がっていました。 そんな「「法然」の思想とは。法然は。それまで説かれていた。修行を重ねて悟りを開くことをめざす教えとは
異なり。「南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」と口に出して唱える「称名念仏
しょうみょうねんぶつ」を行うことで誰もが救われるとする思想

『ブッダと法然』。本編は付録で簡潔に紹介されるブッダと法然の解説を。著者の感想を交えて説明
しなおしているだけに感じる。浄土思想入門」は面白かったが。充分に理解
したとは言えなかったので。本書を読む。なんだか否定的なことから入ったが
。構成はさておき。法然とブッダそれぞれのエピソードや教えを知ることが
できるブッダと法然。釈尊も法然聖人も。真実を見出し。それが結果として常識とされてきた価値観を
覆すこととなり。新たに示した価値観が後世に多大な影響を残したのである。
著者は「仏教は時代や地域の特性に応じてブッダの教えを解釈し。浄土宗ってどういう信仰。幼いころに父を亡くした法然上人は。父の教えに従って出家し比叡山に上って
勉学に励んだのです。比叡山で当時の西山派の一類往生説というのは「念仏
こそが極楽往生できる唯一の方法」という思想であり。自力では往生できない
ため他力によって往生しようという考え方です。そのため。宗派が違う場合に
は同じ浄土宗であっても。別のものであると考えておきましょう。また。

鈴木大拙が言ってます「悟った人は洋の東西を問わず何千人もいる、仏教でなければ悟れない、禅でなければ悟れないなんていうことは全くない」。「悟った人」=独覚は仏教以前から居る、無仏独悟できる。「救われた人」=仏?如来は仏教に始まる、救済者が必要。「悟る」とは「無生法忍」を得ること。「救われる」とは「般舟三昧」現在仏現前三昧を得ること。「悟る」=「独覚になる」に必要なのは自分と法「救われる」=「仏になる」に必要なのは自分と法と仏。T0099_.02.0085b24: xxx。佛告比丘。縁起法者。非我所作。T0099_.02.0085b25: 亦非餘人作。然彼如來出世及未出世。法界T0099_.02.0085b26: 常住。彼如來自覺此法。成等正覺。爲諸T0099_.02.0085b27: 衆生。分別演説開發顯示。『雜阿含經』 No. 0099 求那跋陀羅譯in Vol. 02 内は間違いです、法を悟っても独覚です、法常住の普遍的真理で仏?如来に成れるなら釈尊以前に仏教が出来てます。釈尊と法然源空の違うところ?無生法忍と般舟三昧の違いです。釈尊は外機=知者?賢者に無生法忍?法教を説いていますが、法然は授戒をしたことはあっても無生法忍を説いたことは無いと思います。釈迦仏陀は自己変革をめざした内道です。法然は自己変革は目指さず、ひたすら阿弥陀仏におすがりする外道です。v^-^違うところはないんだよねお釈迦様の正法を受け継いだ善知識ですから、法然さんも

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です