セントラルドグマ されたこ大きな発見されている思なぜ以前

セントラルドグマ されたこ大きな発見されている思なぜ以前。ちょっと、事実と違う。生物学ついて レトロウイルス発見されセントラルドグマ否定(修正 )されたこ大きな発見されている思、なぜ以前セントラルドグマ絶対的正い考えられていた のでょうか 回答よろくお願います 生物進化の陰のプログラム。私たちはいま,遺伝情報に関する理解について,まさにそうした転換期に
立ち会っているようだ。を支配してきた「セントラルドグマ」では,に
暗号として書かれている遺伝情報はという仲介役の分子に転写され,それ
からは1つのタンパク質がつくられる」と信じられていたために,遺伝子と
タンパク質はほぼ同義であると考えられた。実際,原核生物ではこの考え方は
現在でも基本的に正しい。以前にはオーストラリア?ゲノム研究施設の創立
責任者も務めた。

セントラルドグマ。これによると。生物の遺伝情報は。すべてゲノム→複製→→転写→
→翻訳→タンパク質の順に情報が伝達されていると考えられていました。 つまり
。情報の流れが一方的であり。タンパク質自体がやを合成することが

ちょっと、事実と違う。セントラルドグマは否定されていませんよ。最初にセントラルドグマを提唱したクリックが言っていたことの大意は、「核酸から核酸への情報の受け渡しがあり複製や転写、核酸はタンパク質を規定する情報を持つが翻訳、タンパク質に核酸を規定するような情報はない」ってことです。これをDNAからRNA、RNAからタンパク質という二段階の流れのように改変したのはどうやら、ワトソンが教科書「遺伝子の分子生物学」を書いたときのことのようです。つまりクリックが言ったセントラルドグマはタンパク質から核酸への情報の流れはないってことだけで、RNAからDNAへの情報の流れには言及していない一方、核酸から核酸の情報の流れについて強調していますから、結果的に見ればRNAからDNAへという流れも内包していることになります。ですから逆転写現象が見つかったからと言ってセントラルドグマが否定、修正されたというのはコンセンサスではない。まあ、どっちでもいいんですけどね。自然現象に対して人が解釈し理屈付けして、人の言葉で表現したことに過ぎないですから。自然現象を全て言い表す人の言葉無いんてないし、自然よりも人の言葉のほうが上を行くってことはそもそもないわけで。始祖様のおっしゃるドグマがあらたな自然現象に破られた、こりゃ大事件!とはならないんですよ。たかが一人のあるいは二人の学者がカッコつけて言ったレトリックですよ。セントラルドグマと名前がついていようがいまいが、現象は厳然とそこにある。呼び名こだわるんじゃなく、物事の本質をふかく理解することのほうがよっぽど大事。私としては、学校教育でセントラルドグマやら逆転写現象の発見が、なぜにそんなに重視されているのが理解できない。学問の分野ではもっと淡々と扱われています。なぜそれ以前はセントラルドグマは絶対的に正しいと考えられていたのでしょうか?トートロジー的な奇妙な質問です。 それ以前は否定的な知見がなかったから、信ずるに値したということ以外、なにかありますか?あ、ちなみに逆転写をもつのはウイルスのみというのは間違い。起源が同じ場合もあるかもしれないけど、多くの生物種に内在するレトロトランスポゾンは逆転写酵素を発現するし、逆転写はテロメア伸長というクリティカルな現象にも関わっている。そもそも絶対的に例外なく正しいとは考えらえていませんでした。セントラルドグマに反する実例が全く存在しなかっただけです。「今のところ例外なく」あてはまるという状態だっただけです。そして、今でもセントラルドグマは否定されていません。逆転写は、遺伝子発現の一般的な方法ではないからです。それ以前にはセントラルドグマに反するような例外的な遺伝情報の流れの例が見つからなかったからでしょう。ただし、転写反応を持つのはウイルスのみで、ウイルスを生物として良いかどうかは議論が分かれるところなので、セントラルドグマは今でも典型的な生物において有効な法則なのじゃないでしょうか。

  • 8/1&39;18 そこで物理も好きになれましたが先生へ
  • その言動はセクハラです 自分は男なんですが男の人から触れ
  • マルチ商法 かなり断片的な記憶で若干怪しい部分もあります
  • 人気が高い最安値 オーディオコンポは暖冬の原因に関わらず
  • 高校生恋愛実態調査 新高校生の人で入学式に好きな人出来た
  • タグ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です